意識低め主婦ブログ

関西在住のぐーたらダメ主婦。2歳のおてんば娘の育児日記をメインに、ハンドメイドしたり、絵日記かいたりしてます。

MENU

自衛隊のパワハラ

いきなりこんなタイトルでどうしたどうした?と思われてるかもしれない…笑。

実は私の弟は自衛隊員なんです。まだ配属先がちゃんと決まってからそんなに経ってないんですけど。

先に言っちゃうと、パワハラされてるみたいです。みたいですっていうのは、私が本人ではなくて母から聞いたからなんですけど…。弟もあまり人に言いたい話ではないだろうし。まあ、母が弟から聞いた話を私に話してきたんですね。

弟は中学~大学まで結構しっかりサッカーをしてて、体育会系の世界に免疫がないわけじゃありませんでした。ケガで大学最後の試合に出られなかった時は泣いてたらしいので、真剣にやってたし根性もある方だと思います。

でも、細かい作業や頭を使う事はそんなに得意じゃないです。だから、その点を厳しく言われたりするのは仕方ないんですけど、殴られたって聞いて「えー…」って。しかも1回だけでもないし、特に何もない時にも殴られたらしいと母から聞いてさらに「えー……」って。とにかく、理由があろうがなかろうが殴ってもいいなんて職場は現代日本にはありませんよね?普通に考えて…。

自衛隊の人が自殺したニュースを見た時、やっぱりそういう世界なんだな~でもそうじゃない人もいるでしょって思ってたけど、弟がまさかそういう人にぶち当たると思ってなくて、何とも言えない気持ちです。もしかして、私たち何も知らない一般人が思ってるよりずっと自衛隊パワハラ率って高いのでは?って。ニュースになるような、自殺者が出てしまうような強烈なものじゃないかもしれないけど、思ってるよりたくさんパワハラがあるのかもしれません。そういう所だと思って入らなければいけない所だけど、想像するのと実際体感するのとでは違うと思うんですよね。

弟はパワハラしてくる人より上の人に迷惑がかかるから何もしないみたいだけど、異動するかもしくは辞めるつもりでいるみたいです。そもそも自衛隊で自殺者が出ると色々隠ぺいされるので、何かしても意味はないかもしれませんね…。

news.livedoor.com

こんな事書いて大丈夫かな?と思いつつも、これから自衛隊に入ろうと思っている人やその人のご両親に、自殺でニュースになったりしないとなかなか考えない事かもしれないけど実際にこういう事がありますよっていうのを伝えたい気持ちがあって書きました。もちろんパワハラするような人ばかりじゃないと思います。弟が自分で決めて入った自衛隊を悪く言いたくはないけど私と母は最初から賛成というわけでもなかったし、実際にパワハラする人(というか、理不尽に暴力を振るう上司)がいるって事を私は知ったので、自衛隊に対してのイメージは「やっぱりそういう人たちが思っているより多くいる世界なんだ」ってところに落ち着きました。

自衛隊員が泣いている―壊れゆく“兵士”の命と心

自衛隊員が泣いている―壊れゆく“兵士”の命と心